HOME


関西クィア映画祭とは?

タイムテーブル

作品紹介

チケットと入場方法

会場

コラム

スタッフ紹介

ゲスト

予告編

掲載されました

English info

ブログ(最新情報)

ミーティング日程

上映作品募集

字幕貸し出し
過去の映画祭
メルマガ
リンク

問い合わせ

トランスペアレント
transparent

+アフタートーク

1/25(日)
14:00(開場13:40)

ジャンル:ドキュメンタリー
字幕:日本語  音声:英語

妊娠し出産し、自分で子どもを育てている19人のFtMトランスジェンダーの物語。そこには、ピンクか青か、男か女か、ママかパパか、などの単純な二分法が通用しない現実が詰まっている。

「子どもとの関係では父親だけど、父親らしくしたい訳ではない」 「自分の妊娠ーそれは他人の妊娠を見ているようだった」 「女性の身体に閉じ込められた気がして、妊娠は嫌だった」 「よい親であるために、男女で役割に違いがあるとは思わない」 「私は親ではあるけど、母親でも父親でもない」 妊娠時に身体とアイデンティティーとの不調和を感じる人もいれば、男子として暮らしつつ妊娠する人もいる。

父親と母親の役割・親子関係・妊娠や出産の意味・性別のあり方、などについての新しい視点を提供する、全ての人にお勧めの映画です。

  • 日本プレミア(初公開)上映

  • ※上映後に、自身でも子どもを出産し育てている大阪在住のFtMの坂上レイさんに、一個人としてお話を伺います。また「未成年の子がいないこと」を性別変更の条件にしている「性同一性障害者の性別変更特例法」の問題点について、条件の撤廃運動をされている森村さやかさんに、コメントを頂きます。

    ゲストのページ


    【監督からのメッセージ】
     日本で私の映画を上映して頂き、とても光栄に思っています。今回が日本では初めての上映です。
     観客の皆さんには映画を楽しんで欲しいし、そして出演している1人1人がどれほど素晴らしい親であるかを知って欲しいと思います。 (右写真:監督:Jules Rosskam)




    邦 題:トランスペアレント
    英語題:transparent
    監 督:Jules Rosskam
    時 間:61分
    制作年:2005
    制作国:米国
    English language

      受賞歴
    • ワルシャワ映画祭2006 最優秀新作賞
    • Inside Out 2006(トロント・レズビアン&ゲイ映画祭)ドキュメンタリー賞

    【公式サイト】
    http://www.transparentthemovie.com/

    関西クィア映画祭 実行委員会 Kansai Queer Film Festival Organizing Committee
    http://kansai-qff.org/