HOME


関西クィア映画祭とは?

タイムテーブル

作品紹介

チケットと入場方法

会場

コラム

スタッフ紹介

ゲスト

予告編

掲載されました

English info

ブログ(最新情報)

ミーティング日程

上映作品募集

字幕貸し出し
過去の映画祭
メルマガ
リンク

問い合わせ

あたりまえ が 揺れる。
そんな感覚を味わってみませんか?

 クィアな(普通とされていない)人々・生き方をテーマにした、他では見られない厳選された映画が目白押し!
 時として、周りから違和感を持たれたり、総スカンされることもあるクィアな生き方。しかしそれは、刺激的で新しく、快感でもあります。
 自分をフツーだと思っている人も、そうでない人も、この映画祭でクィアという舞台に、乗っかってみませんか。



   

関西クイア映画祭って?


 関西クィア映画祭は、「性」とそれに関わる「暮らし・生き方」をテーマにした、関西で最大規模の映画祭です。2005年7月に2日間の日程で第1回が開催され、翌年には日程を5日間に拡大して1600人以上のご来場を頂きました。また同性愛をテーマにした作品に留まらず、トランスジェンダーやバイセクシュアル、インターセックスなどを扱った映画を日本で最も多く上映して来た映画祭でもあります。
 今回も、世界の映画祭での受賞歴もある大作から草の根ラディカルなインディペンダント映画まで、淡い恋愛ものから社会運動系まで、メジャーからマイナーまで、幅広く様々な傾向のプログラムを用意しました。もちろん、7月に「東京国際レズビアン&ゲイ映画祭」で上映されて大好評だった作品も上映します。今回は開催を1月にし、会場はいつものHEP HALL(梅田の観覧車のあるビルの8階)での開催です。
 国内では当映画祭でしか観ることができない貴重な作品も、多数用意しています。この機会をお見逃しなく!


過去の映画祭のページ



   

「みんな」で作る、手作りの映画祭!


 関西クィア映画祭はオープンな実行委員会形式で運営され、全ての作業は無報酬のスタッフやボランティアによって担われています。 当映画祭は、性を模索中の人や明らかなヘンタイ、トランスジェンダー、バイセクシュアル、レズビアン、ゲイ、そして性別に違和感のない異性愛者も含め、様々な性別やセクシュアリティー、背景を持つ人が共に関わり合い、創り上げている映画祭でもあります。
 この映画祭を通じて、性別やセクシュアリティーを越えた、人と人との繋がりを築くことができます。一人一人が生きる勇気を得たり、多くの人々と共に性とライフスタイルの多様性を実感できればと、私たちは願っています。


STAFF紹介
実行委員会規約




   

クィア / Queer ってなに?


 クィアとは英語で「変態」のこと。レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダー(LGBT)など、性の領域で「ふつう」ではないと考えられているあり方への蔑称です。差別的なクィアという言葉を逆手にとって敢えて使うことで、LGBTに限らず様々な少数派を肯定し、「普通ではない生き方」をポジティブに捉え直す意図があります。



   

トランスジェンダー ってなに?


 出生時に振り分けられた性別とは異なる性別で生きようとする人。性同一性障害の人も含む幅広い言葉。

【FtMトランスジェンダー】
「FtM」は「Female to Male」の略称。出生時「女性」に振り分けられたが「男性」として生きようとする人。

【MtFトランスジェンダー】
「MtF」は「Male to Female」の略称。「FtM」の逆。

【FtX/MtX】
「Female to X-gender / Male to X-gender」。出生時に振り分けられた性別とは異なる性別で生きようとするが、「女性」もしくは「男性」として生きるのではなく、いずれでもない性別(X-gender)で生きようとする人。




   

映画祭のCM


関西クィア映画祭 実行委員会 Kansai Queer Film Festival Organizing Committee
http://kansai-qff.org/