HOME


関西クィア映画祭とは?

タイムテーブル

作品紹介

チケットと入場方法

会場

コラム

スタッフ紹介

ゲスト

予告編

掲載されました

English info

ブログ(最新情報)

ミーティング日程

上映作品募集

字幕貸し出し
過去の映画祭
メルマガ
リンク

問い合わせ

アニー・スプリンクルの世界
Annie Sprinkle's World

+アフタートーク

1/27(火)
16:30(開場16:10)

ジャンル:ドキュメンタリー+ドラマ2本
字幕:日本語  音声:英語

子宮頸部を見せるパフォーマーとして、5分間のオーガズムをビデオにしたポルノ女優として、セックスについて教える性教育者として、セックスワーカーで表現者で活動家として、米国のアニー・スプリンクルはとても多才で、とにかくセックスに肯定的です。
今回は、アニーが出演するだけではなく監督にも関わった2作品を上映します。


  • レスとアニー〜FtMの愛とセックス

  • 手術を受けてちんこを手に入れたレス。手術後初の、彼とアニーとのセックスは、どうなる?注目の筆おろしビデオ。

  • 日本プレミア(初公開)上映

  • 驚くべきオーガズムの世界

  • 米国のLGBT系映画祭だけでなく、台湾やブラジルなど世界の映画祭を席巻した映画。 人種や障害、性別・性的指向などが異なる様々な人達20人以上が、セックスやオーガズムについて、独自の視点から言いたい放題!

  • 日本プレミア(初公開)上映
  • 【予告編】 (You Tube)



    ※上映後に、ロサンジェルスやベルリンでアニー・スプリンクルと交流したこともある(!)、アーティストのブブ・ド・ラ・マドレーヌさんにお話を伺います。

    ゲストのページ

    【アニー・スプリンクルからのメッセージ】

     ハイ、日本の映画ファンの皆さん!とてもユニークな私の作品を楽しんで下さいね。
    「レスとアニー〜FtMの愛とセックス」はとても歴史的な作品です。というのも、それはFtMトランスセクシュアルのセックスを描いた今までで一番最初の映画なのです。
    「アニースプリンクルの驚くべきオーガズムの世界」は、オーガズムへの私の敬意を詩的に表現した作品です。人々はこれを観た後で、よりより良いオーガズムを得られると言います。
     私の「ポスト・ポルノ」の贈り物を楽しんで下さいね。
    アニー・スプリンクル(性科学の博士になったポルノ映画とB級映画の女優)

    "Hi Japanese film enthusiasts. I hope you will enjoy my films, which are very unique. Linda/Les & Annie is very historical, as it was the first female to male transexual sex film ever made. Amazing World of Orgasm is my poetic homage to the orgasm. People tell me that after they see it, they have much better orgasms too. Hope you enjoy my 'post porn' offerings."
    Annie Sprinkle, Porn Movie and B Movie actress turned Ph.D. Sexologist.

    【アニースプリンクルさんのサイト】
    http://www.anniesprinkle.org/


    邦 題:レスとアニー〜FtMの愛とセックス
    英語題:Linda/Les and Annie:The First Female-to-Male Transsexual Love Story
    監 督:Johnny Armstrong, Albert Jaccoma, Annie Sprinkle
    時間:32分
    製作年:1992
    製作国:米国

    English language


    邦 題:アニースプリンクルの驚くべきオーガズムの世界
    英語題:Annie Sprinkle's Amazing World of Orgasm
    監 督:Annie Sprinkle,Sheila Malone
    時間:53分
    製作年:2004
    製作国:米国
    English language

    関西クィア映画祭 実行委員会 Kansai Queer Film Festival Organizing Committee
    http://kansai-qff.org/