春ヘンタイする季節タイトル
Home 春!企画 4/26 土 大阪 5/18 日 神戸 5/24 土 神戸 5/31 土 京都 問合せ

第1回京都トランスジェンダー映画祭

京都大学
  • 5/31(土) 11時開場 11時30分開演
  • 京都大学・文学部新館・第3講義室
    (京都市左京区吉田本町 京都大学本部構内)
    ※企画会場は建物の2階、入り口は西側です。
    ※建物の西南にある階段(右図矢印の先)を上がってください。
     
    市バス「百万遍」「京大正門前」から徒歩5分。
    京阪「出町柳駅」から徒歩20分。
    市バス案内(ページの下の方)  京都大学構内の地図 
    ゼンリン地図  Yahoo!地図
     
  • 共催:文学部自治会学友会 常任委員会
  • 入場カンパ
    10代の人 1プログラム 800円 1日通し 2000円
    20歳以上 1プログラム 1000円 1日通し 3000円
    ※京大文学部の新入生の方に限り、500円で1日通しでご参加いただけます。

正直に生きたい!素直でいたい!表現したい!「私たち/ボクたち」はここにいる!
トランスジェンダーの映画ばかりを集めて上映する、日本国内では初開催のトランスジェンダー映画祭です。
勿論どなたでもご参加いただけます。
ドキュメンタリーにドラマ、トークや交流会など盛りだくさん。
第2回・第3回に向けた仲間も募集中!

プログラム

  1. 11:30 100%Woman
  2. 13:00 We are Transgenders.〜性別を超え、自分らしく生きる!〜
  3. 15:00 「トランスジェンダーではない人」の社会的特権
  4. 16:30 男子であること Boy I Am
  5. 19:00 お楽しみFtM特集
  6. 21:00 へなへないと(交流会)

【1】11:30 100%Woman

監督 Karen Duthie, Diana Wilson/ 59分/ 2004/ カナダ/ 英語/ 日本語字幕
100%Woman

マウンテンバイク選手のミシェルは、トランスしてから既に6年目。友達と両親に励まされ、カナダ選手権では優勝もするが、ほかの女性選手から「女性としての参加を認めるべきではない」と抗議が続く。
一人のトランス女性の成長を背景に、100%女性とはいったい何なのかを問いかけるドキュメンタリー。
「トランス入門編」としてもお薦めです。

→作品の詳しい説明

→字幕翻訳者からのメッセージ



【2】13:00 We are Transgenders.〜性別を超え、自分らしく生きる!〜

監督 尾川ルル/ 69分/ 1998/ 日本/ 日本語(no subtitle)
We are Transgenders

関西で、日本で、あなたの隣で実際に暮らしている様々なトランスジェンダーを記録した貴重なドキュメンタリー。第7回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭ではグランプリを受賞。
(参考サイト)
★上映後、尾川ルル監督の挨拶を予定。



【3】15:00 「トランスジェンダーではない人」の社会的特権
     -The Non-Trans Privilege -

ひびの まこと

性別のあり方が典型的ではない人達、様々なレベルの性別が単純ではなく多様性がある人達、つまりトランスジェンダーの人達が、典型的で単純な性別しか持たない人達と「対等に」扱われている社会とは、どういうものか。社会的な多数派/少数派と公正さという観点から、「トランスジェンダーではない人」の社会的特権について考えます。   (参考サイト)
(※このプログラムは、映画上映ではなく、講演と質疑応答です。)



【4】16:30 男子であること Boy I Am

監督 Sam Feder and Julie Hollar/ 70分/ 2006/ 米国/ 英語/ 日本語字幕
男子であること

トランスしても前からのカノジョとうまくやっていけるの?男としてパスするとレズビアン・コミュニティの一員でなくなるの?トランスして黒人男性になった時に受ける人種差別の方がひどいの?3人のFtMとその友人やパートナーが、自分の言葉でトランスの道を語るドキュメンタリー。
(予告編映像)  (詳しい作品紹介)

映画上映後に以下のメンバーでパネルを行います!

 映画「男子であること」は、トランスジェンダーの視点からの割とラディカルな主張と、若いFtM3人が素直に自身のことを語る部分とがありますが、上映後のトークもそんな感じに盛りだくさんなものにできればと思っています。お楽しみに!

■遠藤まめた

 時折しめしがつかない横浜の学生。パフナイトのスタッフなどをしている。最近はデルタGというサイトで「FTM高校生日記」を連載中、読んで赤面しよう。
 5月17日に全国からの「多様な性にYES!」の一言メッセージを集め、街頭で読みまくるというアクションも企画。5月17日に間に合ったら、是非、あなたの一言も!詳しくはhttp://yappaidaho.blog.shinobi.jp/

■だいちゃん

 23歳の学生。いろいろと回り道もしたけれど、現在は自分が望む形で望む学校に通って、充実した毎日を送っています。
 社会を変えたいと思うが、まだその方法については模索中。
 このような会で話すことは初めてなので、少し戸惑っていますが、本番になると案外できたりする人間です。
 まだまだ未熟者ですが、よろしくお願いします。

ひびの まこと(司会)

※お詫び パネラー紹介の掲載がこちらの不手際で遅れてしまったため、5/17のアクションについての記述が時期遅れになってしまいました。申し訳ありません。


【5】19:00 お楽しみFtM特集

アニメ2本を含むFtMの短編映画を4本上映。
長かった1日を、ホッとする映画で締めましょう!
床屋のトコさん

床屋のトコさん Uncle "Bar" at Barbershop

監督Kwon Jong-kwan/ 22分/ 2000/ 韓国/ 韓国語/ 日本語字幕

80年代初期のソウル郊外。小さな床屋を営むトコさんは、胸に想いを秘めたまま、今日も人々の髪を切る。
(詳しくは…)


ヘルプライン!

ヘルプライン! helpline!

監督 Joli(e)/ 5分/ 2004/ オランダ/ 英語/ 日本語字幕

テストステロン(男性ホルモン)服用前の、Joli(e)の声で、お楽しみ下さい。
(詳しくは…)


ドライブスルー

ドライブスルー DRIVE THRU

監督 Jed Rosenthal Bell/ 4分/ 2004/ 米国/ 英語/ 日本語字幕

「ウィリーのドライブスルー」は、女性から男性への(FtM)トランスセクシュアルのための米国初のドライブスルー外科です。   (詳しくは…)


フィッツジェラルド、ここに眠る

フィッツジェラルド、ここに眠る
F Scott Fitzgerald Slept Here

監督 JULES ROSSKAM/ 25分/ 2007/ 米国/ 英語/ 日本語字幕

海辺の町で繰り広げられるFtMのポールとゲイのゴードンとの友情。お互い傷つけ合いながらも成長する姿を描く、ほのぼのドラマ。   (詳しくは…)



21:00〜 へなへないと(交流会)

別会場において、企画参加者同士の交流会を行います。
参加費は不要ですが、飲食される方は別途実費となります。 覆面上映もあるかも!詳細は企画当日の案内をご覧下さい。



関西クィア映画祭とは スタッフ募集 上映作品募集 日本語字幕貸出し 問い合せ
次回の「第4回 関西クィア映画祭」は 2009年1月下旬にHEP HALLで開催予定!

←関西クィア映画祭 ホーム