TOPへ

ごあいさつ上映作品上映時間チケット会場ブログリンク
English Information

 

チケット

TOP上映作品タイヘン×ヘンタイ

「タイヘン×ヘンタイ」
Desert Dungeon

7/20(金)19:30開演


田亀源五郎/Gengoroh Tagame
30分(29分47秒)/2007(2005年制作開始、2007年現在制作続行中) /日本 /言語なし
http://www.tagame.org/



荒涼とした岩場を歩く一人の男。彼はそこで謎の男と出会い、失神する。そして目覚めた彼がいたのは牢獄の中で…。羞恥と快楽。痛みと愛。いつもはコミックやイラストで体感している田亀源五郎ワールド、今度は映像で試してみませんか?圧倒的な肉体美が観る者を釘付けにする。日本のゲイ・エロティックアートシーンを代表する田亀源五郎による初の3DCGアニメーション


●田亀監督からのメッセージ
50〜60年代に欠けて、イタリアで「ソード&サンダル映画」あるいは「ペプラム映画」と呼ばれる、ボディービルダー主演のB級史劇/B級スペクタクル映画が、数多く作られました。
これらの映画は、日本ではあまり身近なものではありませんが、男性の肉体美を映画の売りの一つにしていたこともあり、欧米のゲイにはよく親しまれています。
一例を挙げると、これらの映画を代表するスターであり、当時のボディービル世界チャンピョンでもあったスティーヴ・リーヴスの名前が、ミュージカル『ロッキー・ホラー・ショー』の劇中歌に出てきたりします。
『Desert Dungeon』は、それらソード&サンダル映画に捧げる、私的かつエロティック・アート的なオマージュとして、2005年の春頃から現在に至るまで、仕事の合間にコツコツと自主制作している3DCGアニメーションです。
お楽しみいただければ幸いです。

●田亀監督のプロフィール
1964年生まれ。
1986年「さぶ」でデビュー以来、「薔薇族」「バディ」「ジーメン」など各種ゲイ雑誌で、マンガ、イラスト、小説などを発表。代表作『銀の華』『PRIDE』など。
海外においても、フランスでマンガ単行本が翻訳出版されたり、パリやニューヨークで個展やグループ展などを開催するなど、幅広く活動中。
作家活動と並行して、日本のゲイ・エロティック・アートの研究者としての一面もあり。
近刊に、マンガ単行本『田亀源五郎[禁断]作品集』(ポット出版)、画集『The Art of Gengoroh Tagame』(H&O/フランス)、研究書『日本のゲイ・エロティック・アート vol.2〜ゲイのファンタジーの時代的変遷』(ポット出版)などがある。
映像作品『Desert Dungeon』は、2005年の制作開始以来、作家オフィシャル・ウェブサイト(www.tagame.org)にて順次公開、2006年11月には20分バージョンのものが、渋谷アップリンク・ファクトリーで上映されている。

 

ヘンタイと私

スタッフ&ボランティア募集

作品募集

日本語字幕貸します

映画祭News配信中↓


お問い合わせ先
関西QueerFilmFestival実行委員会

TEL 080-3820-2731
020-4624-4707(D-FAXサービス)
一般情報  info☆kansai-qff.org
チケット ticket☆kansai-qff.org
ボランティア staff☆kansai-qff.org
英語問合 info-en☆kansai-qff.org
(お手数ですが、☆を@に変更して下さい)

copyright (C) 2007 関西 Queer Film Festival 実行委員会 all rights reserved.