HOME


関西クィア映画祭とは?

タイムテーブル

作品紹介

チケットと入場方法

会場

コラム

スタッフ紹介

ゲスト

予告編

掲載されました

English info

ブログ(最新情報)

ミーティング日程

上映作品募集

字幕貸し出し
過去の映画祭
メルマガ
リンク

問い合わせ
笹谷遼平(ササタニーチェ)

映像家。1986年京都生まれ京都育ち。
2007年8月に、日本で初めての秘宝館ドキュメンタリーDVD『昭和聖地巡礼〜秘宝館の胎内〜』をリリース。大学生の自主制作映画にも関わらず各シーンから反響を呼び、雑誌取材、テレビ出演、本への寄稿、京都クラブメトロでの単独イベントなどを果たす。現在は映像作家として仕事をこなすかたわら、『昭和聖地巡礼〜秘宝館の胎内〜』に続く「巡礼シリーズ」を製作中。

映像がメインではあるが、それだけには囚われず多岐において活動の幅を拡げていく予定。特に「目には見えない、人の欲望が関わる部分」(つまりエロティシズム)を興味の対象としている。

ササタニーチェという名前は「ワタナベイベー(ホフディラン)」からインスピレーションを得て生まれたそうだが、哲学者ニーチェのような「反逆」という意味もあるらしい

関西クィア映画祭 実行委員会 Kansai Queer Film Festival Organizing Committee
http://kansai-qff.org/