映画祭トップ 6月東京トップ B:6/21 C:6/24 D:6/26 E:6/27 F:6/28

Cプロ
コミュニティーって誰のもの?

Cafe★Lavanderia

企画趣旨

 例えば同性婚や同性愛者の議員の実現。例えば大企業によるゲイ系企画への出資。これらが大事なのは事実だけれど、それはクィアなギョーカイの中に沢山ある課題のうちの一部でしかない。業界内部の主流派の、つまり少数派の内部の多数派による「分かりやすい」LGBT運動が力を付ける一方で、ますます不可視化されているものは何だろう。
 私たちの周りに実際にあるにもかかわらず、なかなか表には出てこない「もう一つのクィア・コミュニティー」を描いた作品を集めた、貴重なプログラムです。
 作品はいずれも、米国の独立系映像メディアのネットワーク「ペーパータイガーテレビ(張り子の虎テレビ)」から配給を受けています。


上映作品

フェンスで囲われ追い出され

フェンスで囲われ追い出され
 公園。そう、若い貧乏なホームレスのLGBTQが集まる公園が、ニューヨークのクリストファーストリートにあった。そこは、長年にわたって人々が集まり、仲間と繋がり、交流してきた大切な空間だった。
 2001年にその公園がフェンスで囲われ、追い出され、仲間たちが集まる場所が奪われた。この実話を描いたドキュメンタリー映画が『フェンスで囲われ追い出され』。
 大阪でも、長居公園の野宿者が大阪市によって追い出される事件があったけれど、それのニューヨークのクィア版なのかもしれない。
(原題:Fenced Out/監督:Paper Tiger Television/21分/2001年/米国/英語/日本語字幕)

商業主義をぶっとばせ!ー「ゲイ同化」へのクィアな応答ー

商業主義をぶっとばせ!
 資本主義に反対し、ギョーカイの外部だけではなく内部にもある権威主義にも反対し、直接民主主義とDIY精神(何でも手造り!セックストイも手造り!)を擁護する世界的なアナキスト系企画Queeruption。昨年の「トランス スペシャル」で上映した「ヘルプライン」も、Queeruptionのために創られた作品だ。
 でも実は、そんな場にさえ、同性愛者中心/白人中心の傾向があった。それをどうやって問題化し克服するのか?ドキュメンタリー映画『商業主義をぶっとばせ! - 「ゲイ同化」へのクィアな応答 -』は、複数の世代の人たちで、そして複数の人種の人たちで、フェミニストで資本主義に反対するクィアな人たちで、皆で集まる場を創ろうとするときに起きた出来事を描いている。きれい事だけではなく、Queeruptionの不十分点と、そしてその問題を解決していくための話し合いや努力の過程も含めて、正直に多角的に描いているところが面白い。
(原題:Market This!-Queer Radicals Respond to Gay Assimilation/監督:Paper Tiger Television/28分/1993年/米国/英語/日本語字幕)


←この6月 東京に関西クィア映画祭の映画がやってくる!

関西クィア映画祭 実行委員会
TEL 080-3820-2731
メール TOKYO2009[at]kansai-qff.org
http://kansai-qff.org/