日本語   English

第11回関西クィア映画祭2017

11th Kansai Queer Film Festival 2017

KQFFロゴ

 関西クィア映画祭は、「クィア(Queer)」を 切り口に、「性」をテーマにした映像作品を上映するお祭りです。2005年から始まり、今回で11回目となります。第11回は、2017年秋に開催予定です。今回も関西クィア映画祭をよろしくお願いいたします。

最新の情報

【京大NF企画:その1】同性婚やLGBT運動をクィアな視点から問い直す

●日時 2016年11月19日(土)13時

●場所 京都大学 文学部 新館 第3講義室

【京大NF企画:その2】わたしたちの性教育をつくろう!

●日時 2016年11月20日(日)13時

●場所 京都大学 文学部 新館 第2講義室 (1階)

 最新の情報はブログ、ツイッター、Facebookをご覧ください。

Blog

Twitter 関西クィア映画祭のツイッターアカウントヘ

Facebook関西クィア映画祭のフェイスブックページヘ

 関西クィア映画祭のイベント情報が配信されるメールマガジンもあります。

メールマガジン

クィアってなぁに

 もともとは英語で「奇妙な/変な」を意味し、「オカマ」など性の領域で”ふつう”ではないと考えられる人々への蔑称として使われていました。これを逆手にとり、あえて「クィア」を使うことで、LGBTだけでなく「普通でない」「典型的でない」生き方をポジティブにとらえ直す意図があります。

 ひとりひとりが自分の性や生き方を選び決めていこう、「男女という制度」や様々な規範(=であるべきだ、でなければならない)の問題に気づき、立ち上がり意見しよう、というメッセージがこめられています。

プレ企画に参加しよう

 「仲間たちとワクワクする」「知らないことを、知ろうとする」「ひとの意見に誠実に向き合う」「自分たちが伝えたいことを自分たちで発信する」―そんなことに貪欲でありたい! 自身と社会の「物事の見方の限界」を広げたい!

 プレ企画では、「クィア」をキーワードに、性にかかわる暮らしや生き方をテーマにしたワークショップや講演、上映、交流の場を設けます。まずはプレ企画で、関西クィア映画祭的な何かを体験してみませんか?

2017年春、兵庫県内での上映会を検討中…協力してくださる方はご連絡ください!

実行委員・スタッフを募集中です

 映画集め、翻訳・字幕作成、ウェブサイトの運営、パンフレット等のデザイン、お店をまわったりネットを使っての広報、情報保障、年間を通しての運営など、やることがたくさん!

 経験の有無・知識の多寡など全く問いません。

 お客さんとして来るだけではちょっと物足りないという方や「性」について勉強したいという方にうってつけ!少しでも興味がある方は、ひとまずご連絡ください♪

 ※意思決定に関わるには、週1回から2回程度開催されるミーティングへの出席が必要です。

公募作品を受け付けています

 2017年秋に開催予定の映画祭で上映する作品を募集しています!

●クィア・ジェンダー・セクシュアリティを扱った作品、性にかかわる暮らしや生き方をテーマにした作品であれば、どんなジャンルでも、すでに発表した映画でも構いません。

●応募者の国籍・年齢・セクシュアリティ・プロ/アマ・個人/グループなど、一切問いません。

●音楽などを含むすべての著作権処理を済ませた、完成作品でのご応募に限ります。出品料はいただいておりません。

●聴覚障害者などへの情報保障のため、日本語作品にも日本語字幕をつけての上映をお願いしています。

【応募方法】

件名に「作品名」を、本文に「作品名」「尺(上映時間)」「監督名」をそれぞれ明記し、以下のメールアドレスまでお問い合わせください。折り返し、試写素材の送付先など詳細をお知らせします。

 応募問合せ koubo@kansai-qff.org

 応募締切  2017年3月末日(試写用メディア必着)

※メールでの応募はお早めに。

※ご応募いただいた全ての作品を上映できるわけではありません。

カンパで支えてください

 関西クィア映画祭は、その規模の割に財政的裏付けが不十分です。

 カンパという形での皆様のサポートを、ぜひお願い致します。

【送金先口座】

三菱東京UFJ銀行(銀行コード0005)

西陣支店(店番441)

普通 0014049

カンサイクイアエイガサイ

上映会を開こう

 あなたの大学や地元で、過去の関西クィア映画祭の上映作品の上映会をしませんか?最近では同性婚をテーマにした『R/EVOLVE―結婚と平等とピンクマネー』が人気です。『トランス物語に抗して』を始めトランスジェンダー映画も多数あります。関心のある方は、お問い合わせ下さい。また字幕の貸し出しもおこなっています。

情報保障について

 聴覚障害者などへの情報保障のため、日本語作品にも日本語字幕をつけての上映をお願いしています。 また本祭では、壇上からの発言に手話通訳をお願いする予定です。

お問い合わせはこちらまで

メール:info@kansai-qff.org

電話:080-3820-2731(留守電)

FAX:06-7878-8882

メールフォーム

©2016- Kansai Queer Film Festival.